もりぞうもりこBLOG Written by morizo and moriko

私の人生最大の失敗【20代にしておきたい17のこと】より

THOUGHT

こんにちは!もりこです。
早速ですが、あなたの20代はどんな生き方をしたいですか?
または、どんな生き方をしてきましたか?

20代は妙にやる気が出たり、その反面、すぐに自信をなくしたり、、
「もう大人なんだから」とか「まだまだ子どもなんだから」とか精神的アップダウンが激しい、、
夢があっても社会的信用があるわけでもないし、経済的余裕もあるわけではないし、、
自分はなに者なのか、なにをしたいのか、なにができるのか。。
イマがどこに繋がっているのか、イマの選択が人生を決める最終決断になるんじゃないかなんて気を張りすぎて、とにかくすごく不安になっていませんか!?

本記事は、そんな将来に不安な10代20代の方に、何かキッカケになればいいなと思って、経験談を踏まえて書きました。
不安が軽くなり、将来が明るくなります
失敗を恐れない。むしろ失敗をしたくなります
経済的にも社会的にも精神的にも挫折しても大丈夫!
人生は良くなるから心配しないで!

私が影響を受けてきた方の中に、本田健さんという方がいます。
その方の著書で「20代にしておきたい17のこと」がありますが、周りの20代の友人には一度は読んでほしいとオススメしてきました。
内容は、経済的にも社会的にも成功していま幸せな人たちや、人生が順調にいっていなくて後悔している人たちに聞いた話をまとめたものです。

アラフォーになったイマ、本に書かれている項目を追いながら、私自身の20代を振り返って17の経験談を一つずつブログに書きたいと思います。

本記事の内容

・人生最大の失敗(本田健さん著書「20代にしておきたい17のこと 第一章」より引用)
・著名人の失敗
・私の20代最大の失敗
・人が物事に挑戦して諦めるまでに挑戦した平均回数
・まとめ

人生最大の失敗(本田健さん著書「20代にしておきたい17のこと 第一章」より引用)

チャレンジ

・失敗したことのない成功者はいない
・人生で一番若く、一番歳を取っていると感じる「いま」
・ピリピリする自分も受け入れる
・ワクワクすることをやって、輝こう

著名人の失敗

世の中にはたくさんの成功者がいますが、たくさんの人を笑わせている芸人 有吉弘行さんの話をしたいと思います。
有吉さんは身の丈よりワンランク下の生活をされているそうです。
それは転落を経験した上で再起したからではないでしょうか!

そんな地に足がついていて、有吉さんが楽しそうに遊んでいるだけでも番組が成り立つような、自然体の有吉さんが私は大好きなので、少しご紹介したいと思います。

    20代で大ブレイク
    →転落の人生
    →毒舌キャラで再ブレイク
    →名司会者

20代の方はあまり知らないのだろうけど、
『進め!電波少年』という番組で当時22歳の有吉さんは、芸人 猿岩石として海外ヒッチハイクの旅で大ブレークしていました。
もちろん、当時中学生だった私は友人とどハマりしていました。
帰国後に、著書やCDが大ヒットし、デビュー曲「白い雲のように」に関しては、未だに歌詞を覚えていて口ずさめるくらいですw

そんな大人気の有吉さんもブームはすぐに去って、TVからパッタリと観なくなりショックでした。
20代後半は収入がゼロになったり、自殺を考えたり、相当苦労されたようです。それでも、芸人活動をずっと行動していたようです。
ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんによくごはんを食べさせてもらっていたのは有名な話ですよね。

地道に芸能活動をされてこられた33歳の頃、
「アメトーーク!」で品川祐に対し世間が持っているイメージを「おしゃべりクソ野郎」と表現して、再ブレイクされました。毒舌をはくのに視聴者の心を代弁していて嫌味がなく好感度がUPしていきます。

その後、司会者としてもたくさんの番組を持ち、制作サイドからはさんまさんやダウンタウンの浜田さんの大物MCのように、収録中に編集点が作れる芸人として優秀と評されるほどだそうです。

辛い時期を知っているからこそ、有吉さんが楽しそうにしているだけで観てる視聴者も幸せな気持ちになって、ずっと笑っている顔を観ていたいと思うのかな。
有吉さんがメインの番組にダチョウ倶楽部の上島竜兵さんがゲストで出ているのを観た時は、苦しい時代も全て意味があったんやなぁ!と思って、勝手に感慨深くなっていましたw

私の20代最大の失敗

    富裕層の方との出会い
    →チャレンジ
    →挫折し引きこもる
    →再チャレンジ
    →不労所得で生活

私の20代最大の失敗は、20歳の時に生き方を尊敬するTさんとの出逢いにより、一気に富裕層の方々との交流を増やし、自分の人生を変えるチャレンジをした結果、挫折を味わったことです。

当時は、田舎の実家住まいで良い情報なんて入ってこず、知識もないため、正社員とアルバイトの労働を休みなく重ね、月収はたかだか20万円くらいでしたが、動いたら動いた分だけお金がもらえることが目にみえる成果が現れるのでとても楽しんでいました。
友達の影響で、貯めたお金で海外留学をしようと思い、明確な留学目的はないまま、ただ働いていました。

そんな時、Tさんとの出逢いにより、それまでの考え方を180度変えていただき、そこからは早いうちに労働収入を終わらせようという考えになりました。
→人生の方向性の変化
【やりたいことを仕事にするのではなく、やりたいことを思いっきりできる人生にするための仕事を選ぼう】

でも23歳の頃に自信喪失し、自分にできることは何かが分からなくなって挫折しました。
その頃の私は、素晴らしい方々に触れれば触れるほど、キラキラした世界が眩しすぎて、自分という人間がちっぽけだということをどんどん感じていきました。
嫉妬と劣等感の塊と、頑張ってもなかなか結果に繋がらないことで、頭の中がぐちゃぐちゃしていたのだと思います。
「どうせ私には無理だ。」「私は特別ではない。」「誰にも会いたくない」なんて、自信喪失し、チャレンジを辞め、実家に引きこもるような時期がありました。
完全に人生を見失っていたのです。
ひきこもり
その後、成功はせずとも、せめて自分一人で生きていって、人に迷惑をかけない生き方をしようと思い、努力さえすれば結果がでるということを信じ、会社員を頑張った結果、28歳の時にTさんと再会し、また教えをいただき、独立するチャンスがやってきてイマに至ります。

今は、夫婦二人、病気になろうが旅行に行こうが、ゆるーく生活ができる程に資産作りできました♪

振り返ると、挫折経験からの学びで、再チャレンジ時は「どれだけ上手くいかなくてももう辞めないぞ!」とか、自分がなにを大事にしたいのか、何のために頑張りたいのか等、明確になっていました。
若かりし頃のチャレンジして無我夢中だったことや、心が空っぽになったことなどを踏まえて、イマの私が形成されています。

多額の借金をしたとか、事業に失敗したとか、そういったことを期待されてた方がいたらすみませんw
私の場合、多額の借金をするほど信用はありませんでしたw
でも、ほとんどの方が私と同じように、大きな失敗に見えずに、ただ時間を浪費して、悩んでる方が多いだろうから共感される方が多いんじゃないでしょうか。

人が物事に挑戦し、諦めるまでに挑戦した平均回数

予祝の本で有名な大嶋啓介さんによると、
3000人に調査した結果、物事に挑戦して諦めるまで挑戦した回数は
なんと!【平均0.8回】だそうです。
挑戦した回数が1回に満たない・・・
ということは、行動する前に諦めてしまっているんです。
例えば、こんな思考回路の行動パターンですね。

    ①やる気を出す
    「よしやろう!」
    ②不安要素を考える
    「あー。。でもこうなったらどうしよう。あーなったらどうしよう。。」
    ③諦める
    「やっぱり自分にはムリだ。やめとこ。。」

・・・ということは、一回チャレンジするだけで超少数派入り!
限りなく成功に近づけるじゃないですか!!
なんてシンプルなんだ!!

私が20代で教わった大事なことのひとつに、
「最大のポジティブは、最悪のことを想定した上で、そうなっても大丈夫なように準備をする!」
という考え方がありますが、
最悪のことを考えて、めげて諦めるのでは、ただのマイナス思考ですね。。

まとめ

冒頭でもいいましたが、20代は妙にやる気が出たり、その反面、すぐに自信をなくしたり。
「もう大人なんだから」とか「まだまだ子どもなんだから」とか精神的UPダウンが激しい。
社会的信用があるわけでもなく、経済的余裕もあるわけではなく、やる気と体力と時間はある状態。
自分はなに者なのか、イマがどこに繋がっているのか、イマの選択が人生を決める最終決断になるんじゃないかなんて、気を張りすぎてすごく不安になりますよね。

でも大丈夫です。
有吉さんや私のヒストリーにもあるように、行動さえしていれば、たとえ苦しくても、イマ起こっていることもこれから起こることも、
点と点が繋がって線になり、未来に繋がります。

お金はなくなってもまた増やすことが出来るけど、一度失った時間は2度と取り戻すことができません。
「悩むな!行動すれば前に進む!」

未来は変えられる。そして過去も変えられるのです。
将来振り返った時にどう過去を捉えるか次第で、事実は変えられないけど過去は変えられるのです。
辛かったことも将来笑い話になります。
世の中で大活躍されている方で何も失敗せずに順風満帆になってる方なんていません。失敗のない順風満帆な人生などなにも面白くないですし、なにも感動しません。
失敗を経験しているからこそ、言葉に重みがあり、相手に伝わります。
そして、人の気持ちが分かるのです!

20代は諸事情が少ない時期なので、何度もやり直すことができます。
悩んでる時間は勿体ないのでとにかくチャレンジしてみましょう!

不安を抱えつつも前に進むあなたを応援します(o^^o)

ここまで読んでくださってありがとうございます!
「20代にしておきたい17のこと」は17個ブログに書く予定です。

私たち夫婦は、病気がキッカケで2020年4月からはいろんな国を1年間ほどノマド的滞在をする予定です。状況次第でその後も滞在を続けたいと思います。
バリを拠点にマレーシア、タイ、スペインの長期滞在を検討しています♪短期の旅行でいける場所には限りありますから、まだまだ世界観を広げていきたいと思います。
ずっと夢だった旅を36歳でやっと叶えることにしました(o^^o)

うつ病の夫もりぞうが脱サラするまでと、ITでキャリアアップしてきた経験と、嫁もりこが労働収入から脱出して収入と時間を得てきた経験や学び、夫婦で海外移住するまでのストーリー、海外移住してからのストーリーを随時ブログに綴っていきたいと思います!

もりこ