もりぞうもりこBLOG Written by morizo and moriko

一流のものに触れる【20代にしておきたい17のこと】より

THOUGHT

こんにちは!もりこです。

20歳を超えて大人になったからには、行く場所や趣味、食べるもの、入ってくる情報を変えたい!
でも仕事以外だと遊ぶ内容も喋る内容も10代から全然変化しないなぁ。
会社の先輩にも憧れる大人がいない。
一流に触れるっていっても、一流ってなんぞや!?
っていうか、一流に別に興味ないし!
っと思っている方はたくさんいるんじゃないでしょうか。
私は20代の頃、10代と同じ遊びをしていて全然変化していないと気付いた時、ムショーに虚しくなったことがあります。。
本記事を読むと、一流への触れ方がわかり、あなたの未来を変えるキッカケのひとつになります!

私が影響を受けてきた方の中に、本田健さんという方がいます。
その方の著書で「20代にしておきたい17のこと」がありますが、周りの20代の友人には一度は読んでほしいとオススメしてきました。
内容は、経済的にも社会的にも成功していま幸せな人たちや、人生が順調にいっていなくて後悔している人たちに聞いた話をまとめたものです。
アラフォーになったイマ、本に書かれている項目を追いながら、私自身の20代を振り返って17の経験談を一つずつブログに書いています。
私が生き方を尊敬している方から教わって、実際に人生を180度変えてもらったことを、これから大人になる方、20代真っ只中の方にもっとHAPPYになってもらうために自分だけに留めずに伝達していきたいと思います。

本記事の内容

    ・一流のものに触れる(本田健さん著書「20代にしておきたい17のこと 第三章」より引用)
    ・一流とはなに!?
    ・私が触れるよう心がけたもの
    ・なにに触れるか迷ったらこの3つ
    ・私が一流だと思った釣り人のおじさん
    ・まとめ



一流のものに触れる(本田健さん著書「20代にしておきたい17のこと 第三章」より引用)

・人生は自分が触れたものになる
・自分が憧れる世界を見ておこう
・20代に誰と出会うかで人生は決まる

一流とはなに!?

一言で一流と言われても、パッと出てこないですよね!さらに一流に触れるっていっても、「なにをどうやって??」って感じではないでしょうか。
一流の仕事に就かれてる方について本の中ではこう書かれています。

アートであれ、政治であれ、ビジネスであれ、本気で生きている人のまわりには、違う空気が漂っています

辞書を調べると、「その分野での第一等の地位」「他とは違う独特の流儀」と出てきました。

私が触れるように心がけたもの

私が教わった大事なことで、やはり「もっと一流に触れなさい」ということをずっと言われてきました。
なので、わけもわからず興味の有無に関わらず、意識して一流に触れるという時間を作ってきました!オススメされたものにはとりあえず行ってみる!っていう感じです。
はっきり言って、私は文化レベルが低いので普通なら興味がないことの方が多いです・・・。
オススメされなければ一生関わることがなかった分野かと思うと恐ろしい。。

積極的に交流を深めたり、足を運んだり、お話を聴きにいったり、作曲家の方や、有形文化遺産に住まれている方、NYコレクションに出ているデザイナー、世界で活躍する写真家の方に特別レッスンを受けたり、歌手の方のプライベートイベントに特別ゲストで出たりetc…


なにに触れるか迷ったらこの3つ

ワイン
私が特に影響を受けた方は、2つの分野で世界一になられた方です。再現性があるということで尊敬しかありません!
その方からは「一流になりたければ3つのことに触れなさい。」と口酸っぱく教わりました。

    ①クラシック音楽
    ②ワイン
    ③美術館

例えば、目の前に一流の方がいらしてお話しするとしたら、あなたならなんて声をかけますか?
一流「趣味はなんですか?」
私「カラオケかボーリングかなぁ」
一流「音楽はなにを聴くの?」
私「その時流行ってるやつー♪」
一流「・・・じゃあ、楽しんでね」
もっと喋りたいとは思われないですね。。w
でも、私も家族も田舎の一般家庭で生きてきた身としては、いざ一流の方と出逢ったとしても会話が合うわけがありません。
私がよくても、相手も貴重な時間を費やして出逢っているわけですから、相手にまた会いたいと思ってもらえないとお近づきになるのが難しいですよね。

20代女性なら可愛いだけで許される時があるかもしれませんが。残念ながら私はそこでは勝負ができませんw

そんな時、会話が弾むのが、
①クラシック音楽②ワイン③美術館です!
世界を視野に入れてらっしゃるような方ならなおさらです!
クラシック音楽
もしあなたが20代で上記3つに詳しくはなくても、会話が少し続けられるだけで相当好感度はUP⇧すると思いませんか?
私はおバカそうにみられるタイプですので、良いギャップを狙うため、余計にもっと知りたいと思いました。
おかげで世界三大美術館の内、二つは行ったのであと一つでミッションコンプリートです♪

お酒も飲めませんが、私が持ってるコミュニティスペースでワインセミナーを定期的に開いてもらって、少しですがワインだけは飲めるようになりました♪

クラシックはコンサートに行ったら開始すぐ寝てしまった時もありましたが、ピアニストからしたら癒しの音楽を奏でたってことで観客がウトウトするのも間違いではないのかなって勝手に解釈しました。。

このようなことで、少しずつ触れるだけでも年上の方や緊張する相手とも以前より挙動不審にならずに会話できるようになりました!
元々が底辺のコミュニケーション能力なので。。

私が一流だと思った釣り人のおじさん

釣り人
十年以上前に、私が一流だなっと思った方で印象的な方がいます。
その方は普段、真っ黒に日焼けをして、ラフな半パン姿で白髪にヒゲを生やして、年中釣りをしている方で、富裕層の方です。

釣り旅行の旅映像を観せていただいたのですが、現地で何度もエンストするオンボロ車を借りて、押したりしながら秘境の地に向かって、崖を登ったりおりたり、そして崖から落ちて頭蓋骨骨折しながらも友人にその経験をさせたいと思って連れていった、釣りに本気のおじさんでした。
飛行機のファーストクラスでも旅行が出来るような方だけど、なんだかボロボロな出で立ちなのが、想像しているのと全然違って、それが妙に魅力的でした!
ボロボロなのに、私にはオシャレな服や宝石で身を固めるよりも断然キラキラみえました!
釣りへの情熱が凄まじかったですし、釣りの大会を起こしたり、60歳超えても釣りにサーフィンに若者が圧倒して一度みたら生き方に憧れるようなおじさんです!

私も釣りに興味があるわけではなかったけど、贅沢な旅行よりもおじさんのような旅行の方がすごくワクワクした感情が湧き出たことを十年以上たった今でも覚えています。

まとめ

一流とか高貴なイメージになにかしら拒否反応が出る方がいると思います。なんか嫌。。みたいなw
逆に「普通が一番!」「一流になりたいとは思わない!」なんて。。
私もイメージするような一流の世界に行きたいか?って聞かれたら、興味がありません。
むしろキラキラギラギラした世界は苦手でゆるーく生きていることを幸せと感じます!
だけど、前述した釣り人のおじさんのような生き方はしたいと思います。
そしてそのおじさんは、やはり一流の方に囲まれていました。さらに一流の方々を自分の遊びにどんどん巻き込んで行くパワーを感じました。
遊びに本気な生き方をされています。

ヒトとして魅力ある人になるためには、いまの自分の枠を広げるのに手っ取り早いのが一流に触れることです!
自分が興味あるところにしかいなかったら変化は少ないけど、興味がないことこそ新たな自分を発見するチャンスです!
ぜひ、あなたも自分の枠を広げることにどんどん飛び込んでみられることをオススメします!
あなたを応援しています!

ここまで読んでくださってありがとうございます!
「20代にしておきたい17のこと」は17個ブログに書く予定です。

私たち夫婦は、病気がキッカケで2020年4月からはいろんな国を1年間ほどノマド的滞在をする予定です。状況次第でその後も滞在を続けたいと思います。
バリを拠点にマレーシア、タイ、スペインの長期滞在を検討しています♪短期の旅行でいける場所には限りありますから、まだまだ世界観を広げていきたいと思います。
ずっと夢だった旅を36歳でやっと叶えることにしました(o^^o)

うつ病の夫もりぞうが脱サラするまでと、ITでキャリアアップしてきた経験と、嫁もりこが労働収入から脱出して収入と時間を得てきた経験や学び、夫婦で海外移住するまでのストーリー、海外移住してからのストーリーを随時ブログに綴っていきたいと思います!

もりこ